手のひらの健康法

手のひら先生が健康は手のひらからをお話します

合谷のツボ その2

 今回はお医者さんが指導している合谷のツボの効用です。

本屋に行ったら目に留まりました。

「ズボラでもみるみる血圧が下がる49の方法」 渡辺尚彦 著 株式会社アスコム

東京女子医大准教授 渡辺尚彦氏は私の記憶にありました。

血圧計を365日携帯し計測し続ける医師がいる、テレビで見たことがあったからです。

題名にも惹かれましたが、このことにも興味が湧いて購入しました。

そこに鍼灸のツボ合谷の効用が書かれていました。

医師がツボ名出すような時代になってきたのですね。

ちょっと前に元新潟大学安保徹教授が、爪もみ法を推進し爪根のツボは、鍼灸の井穴だと仰ってくれました。

今回はそれに次ぐ衝撃ですね。

このツボを押すと血圧の改善が図れるということです。

ネット検索すると圧し方の動画が出てきますので、興味ある方はご覧ください。

もうお亡くなりになったようですが、高麗手指鍼学会に来られていた元日本大学教授谷津三雄さんは、韓日学術大会で血圧の下げ方を発表されました。

それは中指を甲側にそらす、指そらし法と言うものです。

反対の親指と人差し指で中指の先、第一関節辺りをつまんで反対側にそらすと言うものでした。

日本テレビの健康情報番組でも紹介したものでした。

効果はどの程度か私は分かりませんが、いろいろ手のひら指については効果がある場所が多いと感じました。

前回書いたように、合谷は顔面の諸症状に効く程度しか記憶していませんでした。

それが見方視点を変えればまだまだ様々な効果を導き出すツボがあるかもしれません。

それだけ手のひらは可能性を秘めている場所なのでしょう。