手のひらの健康法

手のひら先生が健康は手のひらからをお話します

手のひらは自分の脳ですよ!大事にしましょう

高麗手指鍼治療を「手のひら先生スタイル」としたのには、もちろん大きな理由があるからです。
そこから見える景色はみなさんが見る景色とは、かなり異なっています。

高麗手指鍼の原点は手のひらを身体に見立てるところから始まりました。
手のひら先生スタイルは加えて、手のひらを脳として見ることにしました。

これはカナダ人生理学者ペンフィールドホムンクルスが、手のひらと脳の関係を明らかにしたのが最初です。これを高麗手指鍼の理論に結びつけたのが、私が最初でした。

さらにフランス人医師で耳鍼の発明者、ポール・ノジェ博士の、耳つぼのフェーズ理論に触発され、手のひらの中に脳のツボは3段階または3層で現れることを発見しました。

これだけでは治療に活かせないので、手のひら先生スタイルとしても理論を確立するためには、他の学問的な背景を探さなければなりませんでした。そこで出会ったのが進化論であり三木成夫教授の「生命形態学」でした。

 

3つのフェーズ(位相)にそれぞれツボが現れる、それも脳神経に対応するツボが現れるのはなぜか?
ノジェ博士が答えを出せなかったこの位相の意味、それに回答を与えてくれたのが三木博士の業績でした。

 

手のひらには我々が何億年掛けて進化してきた、まさにそのことがツボとして現れて来ているのです。このことの発見と理論付が出来上がり、手のひら先生スタイルの高麗手指鍼が完成したときは、やったねという感じでした。

 

私の先生金成万(キン・ソンマン)師が疑問に思っても解けなかったことが、全て私がすべて解決したことは少々興奮しました。

 

手のひらのツボと脳のツボは実は重なっているのです。
高麗手指鍼で描かれているツボは、身体の部分や臓器のツボになります。

脳のツボは例えれば3層になっており、臓器のツボなどと重なってしまうのです。
したがって言ってみれば4層に分かれている高麗手指鍼のツボは、表面の第1層のツボに重なってしまうのです。


金先生が仰っていたのは「高麗手指鍼を使うと初心者でも治してしまうことがある。これには戸惑ってしまう」ことでした。

 

これも今述べたように脳のツボが重なっているので、胃のツボに刺したことが実は脳の重要なところを刺激していたことになるのです。


これは手のひらだけの特徴のようで、耳鍼のツボは重なりません。
伝統的な体に刺す鍼にはこのような考え方はありませんし、頭やまぶたやその他の部分に刺す治療法にもこの考え方はないでしょうね。

さてここまでお話してきたことからお分かりになると思います.
手のひらは脳も身体も代表していることを。

 


そこで手のひらを使えば何かしら健康法がないかと考えましたので、ここでお話いたしましょう。

前に書いたことですが神社に行って柏手を打ちますが、あれは何も休んでいる神様を呼ぶ儀式ではありません。手のひらをパンパンと柏手を打って、手のひらの血行を良くして脳を活性化しているのですね。神社に行って気持ちが洗われるのは、このような儀式にも隠されているのでしょう。

ではマッサージをすればよいのでは?
そうです両掌を合わせておよそ3分間すり合わせて、熱くなるまでやることで脳も身体も血行が良くなります。

手を伸ばしたりひん曲げたりすることはお勧めしません。
手のひらが脳だとしたら、脳をひん曲げたりしたらそれはいけないでしょう。

手のひらは身体だけ代表するのではありません。
脳がその中にあると考えれば、傷つけることは最も避けなければなりません。
治療のためと言って、手のひらから血を故意に出す瀉血などは、絶対にしてはならないことです。

伝統的な鍼の場合の瀉血は、爪のわき爪甲根部すなわち爪の根っこの所から、少しだけ血を出すだけです。手のひらの中は決して行ってはいません。

指を曲げたり折ったりすることはいかがでしょうか。
20年ほど前に中指を曲げて、血圧が下がると言っていた方がいました。
効果がどの程度有ったかはわかりません。

さて、手からは気が出ています。
日本には古来から「お手当さん」の言葉があるように、手のひらを体に当てて療治する民間療法がありました。現在も日本中で行われています。それがシステム化され普及をしているのが「直傳靈氣」ではないでしょうか?

「お前は既に死んでいる」の名台詞で有名な、北斗の拳の主人公ケンシローのモデルだったわが気功の師は、八光流で四天王と呼ばれていた鳥居隆篤先生で気の達人でした。
ちなみに八光流は古武道に分類される、気を使った武道にになります。


合気道との関連は調べたことがないのでわかりません。


先生のおかげで手から気を出したりオーラを見たり、手で温めたり冷やしたり、骨折のひび割れを修復したりできるようになりました。

霊長類の人間の手はそのようなことが訓練によって可能になるのです。

ちなみに神社仏閣で両掌を合わせることで、両手から出ている気を交流させていることにもなり心が鎮まるのもこの作用ではないかと私は考えています。
左脳右脳の気の交流を通し、バランスをとると考えれば納得されるでしょうか。

 

韓国では手のマッサージや温灸で民間療法を行っています。
マッサージは自分でできますし、温灸が手に入れば自分でできるものです。

新潟大学安保徹教授が推奨された、爪もみ法は副交感神経を活性化し交感神経とバランスを取り、結果として血液のリンパ球と顆粒球の比率を正常化し、免役を高め病気を治せることを証明しました。

私は公開はしていませんがマッサージによって気を整え、交感神経を抑制し副交換神経を活性化させ、両者を同時に整える方法を行っています。

指圧はマッサージの中に含まれるものなので、これは今回は検証いたしません。

まだまだ研究を重ねていけば、簡単な手のひらの健康法を見いだせるかも知れませんね。

手のひら全体が脳です。

だからひどく伸ばしたり曲げたり、血を無理に出したりするなんぞは、決してしいけないことです。

もし手のひらが脳全体だとしたら、脳から血を無理に出すことがどのようなことか、直ちに理解できるはずです。

曲げたり無理に伸ばしたり、自分の脳を無理に引き伸ばしたり、産道をくぐって以来のことまた経験しますか?

手のひらはかくも大事な需要な場所になります。

単に身体をその中に描いたりするだけではないのですよ。

脳と密接な関係があると単純な話ではないのです。

まだ読破してないのですが「神経免疫学革命」という書籍がありますが、まさに手のひらでは免役を高め抑えることが、簡単にできます。

そのことでリウマチをほぼ完治させるところまで来ました。

このことも脳が人間のすべてを統括し、第2の脳といっても良い手のひらは、その脳をコントロールできる器官なのです。

皆さんは神社に行って柏手を打つでしょう?

神様をお呼びするだけではないのです!

自分の脳を目覚めさせることにもなっているのです。

何処がどのような脳の場所になるのか、教えてくれ?

こんな質問する鍼灸師がいたとするなら、それは「もどき」なのでしょうね。

最近東洋医学と題うって番組が組まれたりしますが、鍼を刺したら東洋医学、漢方飲んだら東洋医学ではないのです。

東洋医学は東洋の文化東洋の哲学すべてを飲み込んだものが、それが東洋医学なのですね。

分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

手のひら全体が脳です。

だからひどく伸ばしたり曲げたり、血を無理に出したりするなんぞは、決してしいけないことです。

もし手のひらが脳全体だとしたら、脳から血を無理に出すことがどのようなことか、直ちに理解できるはずです。

曲げたり無理に伸ばしたり、自分の脳を無理に引き伸ばしたり、産道をくぐって以来のことまた経験しますか?

手のひらはかくも大事な需要な場所になります。

単に身体をその中に描いたりするだけではないのですよ。

脳と密接な関係があると単純な話ではないのです。

まだ読破してないのですが「神経免疫学革命」という書籍がありますが、まさに手のひらでは免役を高め抑えることが、簡単にできます。

そのことでリウマチをほぼ完治させるところまで来ました。

このことも脳が人間のすべてを統括し、第2の脳といっても良い手のひらは、その脳をコントロールできる器官なのです。

皆さんは神社に行って柏手を打つでしょう?

神様をお呼びするだけではないのです!

自分の脳を目覚めさせることにもなっているのです。

何処がどのような脳の場所になるのか、教えてくれ?

こんな質問する鍼灸師がいたとするなら、それは「もどき」なのでしょうね。

最近東洋医学と題うって番組が組まれたりしますが、鍼を刺したら東洋医学、漢方飲んだら東洋医学ではないのです。

東洋医学は東洋の文化東洋の哲学すべてを飲み込んだものが、それが東洋医学なのですね。

分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ動画をアップしました

ユーチューブに動画をアップしましたので、是非ご覧ください。


パーキンソン病治療」 8年ほど治療を模索し、とうとうその結論が出ました。

  


「脳溢血脳梗塞後遺症の治療」 こちらは自分の脳溢血後遺症治療を、なぜ治すことが出来たのか動画でお話しています。

  

手のひらをサーモグラフィーで分析

 サーモグラフィーを年初に講入しました。

治療の広がりと来年から始める手指鍼講座で必要と思い、高額でしたが思い切って購入を決めました。

機械操作に慣れるまでかなり時間が経過しましたが、最近になってようやく慣れ患者さんの手のひらを写すようになりました。

すると患者さんの反応がまったく違うのです。

鍼灸治療の効果は即効性もありますが、当院に来られる患者さんの多くは、簡単に結果が現れる病気レベルにありません。

1日2日と時間が経過して初めてその効果に実感がわく例が多いのです。

ところがサーモグラフィーで見ると、明らかに治療前後の手のひらの温度が変化するのです。

治療前には患部のところが青かったのが、治療によって真っ赤に変化しているのが見て取れるようになっています。

温度上昇即効果的な治療には結びつくといえません。

それはそこに鍼を打てばその刺激で反応し、血液循環が促されるからです。

しかしそれでも手のひら全体の血液循環を目で確かめていただき、その後患部が治ることを実感すると、この治療法の確かさを認めてもらえることになります。

さてNHKの番組「ためしてガッテン」で、握力系で計測して出た数値の30パーセントで、丸めたタオルを一定の時間握ると、高血圧の改善を図れると放送されました。

私も試そうと思っていますが、その前にもう私は血圧を安定させる方法を見つけ出していたのです。

それはサーモグラフィーで映し出されたわが手のひらを見て、愕然としたことから始まりました。

わが手のひらは体の反映でもあるのですが、脳を映し出している鏡でもあるわけです。

つまりその中に血流が安定してない、滞っている部分が広がっていたのが見て取れたのです。

そこで画面を見ながらマッサージを行いました。

マッサージを行っては画面を覗きを繰り返していくと、自分の感覚では手のひらの隅々まで、刺激することができないとわかりました。

やはりコツがいりました。

それを繰り返していると、夏の真っ盛りの血圧が高くなっていき、原因不明で困っていたのがうそのように下がり始めたのです。

気が付いたのはエアコンでした。

暑さで夜中に起きるより1晩中快適に寝たほうが良いと、連続で運転していたので体が冷えたのです。

130台だったのが徐々に140台になり、とうとう160台になったのでした。

こうなると少々慌てます。

それが原因がわからないとなるとなおさらです。

それがマッサージをすることで脳が活性化し、血液循環がスムーズになり血圧低下に繋がったというわけです。

番組で解説していたのとは理論は異なります。

またアプローチも異なります。

番組のような方法では血管の緊張をとるのがメインになますが、私の方法は血液の偏りをただす方法といえます。

何はともあれ握るとさするの違いはあれど、手のひらを中心に使った方法が、高血圧改善につながったということになります。

手のひらへの刺激はほどほどに

 高麗手指鍼の発明から手のひらに関心が向来ました。

50年以上前のカナダのペンフィールドラスムッセンが、脳の運動野に占める割合が手のひらは高いことを証明しました。

このことを私は結び付け高麗手指鍼の治療の優位性を説明しました。

いまはこれが手指鍼の効果説明の場で広く使われるようになりました。

高麗手指鍼にとって元新潟大学安保教授の自律免疫療法は画期的なことでした。

鍼灸師が使う井穴のうち、薬指は交感神経とつながり他の指は副交感神経と関係する、こう説明されました。

さらにここから血を少量出す治療法は、瀉血と言って昔から鍼灸師の技術だと仰ってくれたのです。

それ以来瀉血をしても裁判が起きなくなりました。

手のひらが治療の場としてとても良い場所であります。

私は手のひらに脳神経のツボを見つけ出しました。

おそらく世界では初めてです。

電圧をかけるとこれらのツボは手のひらの中、次々と位置を変えて現れます。

これが位相と言うことです。

つまり手のひらの中には体の部分から内臓、脳神経に対応するツボが無数にあることになるのです。

交感神経・副交感神経も、手の中にはツボだけではなく線の状態でも存在します。

手のひらを揉んだり叩いたり、曲げたりこすったりすることは、やり方を間違えれば誤った健康法になることも考えられます。

現時点でお勧めは、手のひらを覗いてみて、白っぽいところが目立ったらそこを軽くマッサージすることです。

白いところは血行障害とみなしているからです。

やたら赤いまたは赤黒いなど、手のひらの中でバランスを崩していると、それは炎症があるかもしれません。

小指は足に当たるので、膝の痛みなどがある時にここを使うのはよいでしょう。

薬指は先ほど述べたように交感神経との関係もあり、さわらぬ神ににたたりなしでしょう。

親指と人差し指は問題なしですので、大いにマッサージしても良いでしょう。

では甲側についてはどうでしょうか。

甲側を見てください。

静脈が浮いていませんか?

動脈に比べ静脈は弱いので強くもんだりするのは厳禁です。

では私のお勧めする手のマッサージ法です。

簡単です。

1、指は薬指を除いて、爪もみを行う。

2、手のひらを見て白い部分を消すように、優しくマッサージする。

3、全体のマッサージは、手のひらの皮膚の下と筋肉の間に気が流れるので、そこを優しく圧すようにマッサージする。

4、甲側は触らない。

5、指の関節に静脈が見えますか?見えたらそこの血流が悪いことになります。本来は見えないので注意しましょう。簡単には体を温めるようにするのが、最初の対策です。

物足りないですか?

でも研究すればするほど、手の複雑な仕組みに驚かされます。

それは現れるツボの一つ一つが、人間の進化とともに現れて来たと考えられるからです。

そんなこと考えながらマッサージするのもロマンがあるかも。

手のひらのツボは無限大 その2

 手のひらに電圧をかけると様々なツボが現れます。

フランスの耳鍼の創始者、ポール・ノジェ博士のアイデアを手のひらに応用してみました。

すると位相 1、2、3とツボが現れてきました。

手のひらを脳に見立てるとこれも同じように現れます。

内臓や体の部分に対応するツボと、脳神経に対応するツボは時に重なります。

しかし良くできたもので、位相がどれに当たるかを診断して、それらのツボを選別すると重なることはありません。

人間の身体の不思議なことと思っています。

勿論ツボの補寫は時に戸惑うことがあります。

気の流れが位相によって異なるからです。

治療家にとっては難しくても、家庭で手に刺激を与える時は簡単です。

手のひら全体が自分の脳であり身体であるので、手のひらを優しく擦り合わせればそれでよいのです。

古代の中国人は解剖には素人同然でした。

したがって神経と言うものを見落としたのだろうと思います。

しかし彼らは気の流れ道経絡の中で、神経交感神経副交感神経のコントロールができると分かっていたようです。

柳泰佑師が手のひらに経絡を見つけ出して早40年が経過しています。

残念なことに今までそれを発展させることができませんでした。

それは人間の進化とともに身体があり、経絡もツボもそれに伴って進化してきたことが理解できないようでした。

発見もされませんでした。

私の研究から位相3つまでツボが分かり始めると、手のひらは体であり脳であることが分かりました。

これからはさらに高麗手指鍼は発展することでしょう。

さて家庭で行う簡単治療法に爪もみ法がありますが、瀉血を爪の根っこから血を抜くことぐらいは良いのですが、そのほかのところで血を抜いたりやたらに鍼を刺してはいけません。

爪楊枝を束ねて刺激する方法なども初期にはありましたが、これなども何本も束ねて広く同時に刺激することはお勧めできません。

人間の身体は特に手のひらはツボが密集しているので、厳格に厳密にツボを選定して治療をしなければなりません。

しかし手のひらでご自身の手のひら全体を優しくマッサージすることは、自ら治すという気を込めて治療をすることなので、それ自体が効果を発揮するのです。